那須温泉郷に有るユニークな温泉地「混浴で有名な北温泉」

神奈川県に在住の者ですが、3年ほど前のお盆のシーズンに有名な福島県のいわき市に有る巨大なリゾートテーマパークである「スパリゾートハワイアン」とお隣の県である栃木県の那須温泉郷に有るユニークな温泉地の「北温泉」に家族旅行で言ってまいりました。

家族総勢で本人夫婦と子供たちの其の孫たちで、全員で7人の大家族でした。

先ず、スパリゾートハワイアンズというのはテレビのコマーシャルなどでもお馴染みになっていますが福島県いわき市湯本地区にある有名なリゾート地で、元々はいわき市湯本というところは古くから開けた温泉地で、大昔は日本の三大古湯とも言われたところです。

スパリゾートハワイアンズ:じゃらんより引用

今でもお湯はコンコンと湧き出ていて、其の地に温泉リゾート「スパリゾートハワイアン」が出来たところです。

そう言えば、以前は映画にもなった「フラガール」でも知られるようになりましたね。

首都圏からですので、田舎までの所要時間は3時間少々、午前の間に墓参を済ませたあとは、かの有名な「スパリゾ-トハワイアン」です。

孫たちは大ハシャギ、館内では有名なロシアのボリショイサーカスが出演してました。

今夜の宿は、地元のいわき湯本温泉の旅館に宿泊(伊勢屋旅館)、海の幸がワンサカ、大盛りで、我等も大盛り上がりでした。

伊勢屋旅館は湯本温泉街の中心地にあって、決して高級な観光ホテルではないが、昔からある和風の建物で駅から徒歩にても少々のところにあります。

温泉はかけ流しの湯がザブザブ出ていますし、若干、硫黄の香りのする如何にも良質なお湯でした。

食事も浜に近いせいもあって魚介類を中心に食べきれないほどのボリュームもあり、大満足でした。

ところで、「いわき湯本温泉」は福島県の南部浜通りにあって、常磐道で「いわき湯本」、常磐線で「ゆもと・湯本駅」が交通の基点となります。

湯本温泉は浜通りでは唯一の本格的な温泉場としても有名で先般、NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」と言うのでも紹介していました。

湯本温泉は、国内でも文字通りの古い温泉の街であり、温泉は平安初期には開湯されたと言われ、昔の湯本温泉は三箱の御湯と呼ばれ道後温泉や有馬温泉と共に日本の三古泉として名が知られていました。

街中にはJR常磐線の湯本駅を中心に温泉街が広がっていて、昔からの情緒ある温泉旅館や観光ホテルが立ち並んでいますし、駅前には足湯もあり、また、共同浴場も良質な温泉と安い料金で入用出来ます。

そして、何と言っても映画・「フラガール」でも有名になった「スパリゾート・ハワイアンズ」のあるところです。

常夏の大温泉レジャーセンターは全国にその名を知らしめました。

北温泉旅館について

一部の過去ブログ記事では混浴となっていますが、現在は日帰りで混浴できるのは水着かタオル着用プールだけなのでご注意です!

天狗の湯は日帰り時間は男性専用で、それ以降混浴になっています。

2012年に公開さた映画「テルマエロマエ」の舞台にもなったレトロな宿でかなり話題&人気になりました。

「天狗の湯」や広大な「温泉プール」などちょっと変わった温泉があります。

北温泉旅館:じゃらんより引用

奥那須で古くから湯治場として親しまれてきた、湯量豊富な自噴泉。江戸へタイムスリップしたかのような素朴なたたずまい。安政時代のお部屋でのひととき。もちろん、和室、畳敷き。

北温泉旅館の温泉プール:じゃらんより引用

 

関連記事

  1. キッズルームとファミリースイートがおすすめ!ロイヤルホテル那須宿泊ブログ【ウェルカムベビーのお宿】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。