【初‼️加賀・山代温泉】瑠璃光サイコーでした!

石川 山代温泉 瑠璃光

石川・加賀・山代温泉 よろづや観光運営の瑠璃光は、5つ星の宿や旅館100選に認定された上質の温泉旅館です。ゆとりある大浴場と露天風呂が人気の温泉宿で心と体を存分にリラックスできます。 5つの貸切露天風呂や足湯など思う存分温泉を楽しめます。 姉妹館・葉渡莉への湯めぐりも歩いて行けるので、山代温泉でとにかく温泉に入りたい!方にはおすすめのお宿です。

瑠璃光は日帰り入浴も可能

【立ち寄り入浴】※2022年1月現在の情報です
利用時間:7:00~22:00(最終入館21:00)
料金:大人1,650円 小人825円
貸切露天風呂について 上記の料金プラス、1ヶ所 50分 2,200円 (1グループ)

※バスタオル・フェイスタオル付
※日中2時間程度の清掃時間あり。
※事前予約はないので希望の当日に電話にて。
※年末年始やお盆、GW、その他特定日など利用できない場合もあり。

石川 山代温泉 瑠璃光に宿泊してきました!

加賀・山代温泉 瑠璃光に行ってきました‼️
結論から申し上げますと!サイコーでした!これまでいろいろと温泉に行きましたが、いままで行った旅館の中でも一位二位を争うほどです。

今回は、通常の客室ではなく”露天風呂客室”の方を利用させていただきました!この露天風呂付きの特別室 ただの客室ではございませんよ‼️

高級ホテルでは定番のあのラウンジ❤️が使用できるんです!この客室に宿泊しなければ利用はできませんよ!

普通の旅館にラウンジなんてあります?ないんですよね!

今回、瑠璃光さんに宿泊させていただいたのはこのラウンジを使用してみたかったからです!

これも先に申し上げます……………サイコーでした笑

山代温泉 瑠璃光:楽天トラベルより引用

正直に申し上げるならば、ラグジュアリー感でしたり、ホスピタリティの部分は高級ホテルさんには敵わないと思います。

フードプレゼンテーションもありませんし、ドリンクメニューも少なく自分で用意する必要があるからです。

じゃあ何がよかったか?????

驚きのプライベート感です💪💪💪

いくらラウンジといえど、このプライベート感は中々得られませんよね?

エグゼクティブフロア宿泊者限定とはいえ、プライベートで使用できることは中々ないですよね?

それがこの瑠璃光さんでは、本当にこのラウンジを利用できる人間が少ないんです‼️

実際我々が利用しているときには、他の宿泊者の方は誰一人来られなかったです笑

今はコロナ禍ということもあり行われてはいませんでしたが、このラウンジでチェックイン・アウトも可能だそうです。

我々の特におすすめは、二席しかないリクライニングソファの使用ですね!これに寝転びながらスパークリングワイン🍷を嗜めば、それはもう成功者と言って過言ではない!?(過言)

これだけラウンジについて熱く語りましたが、客席の方もとても良かったですよ!

やっぱり露天風呂付きというのはこれはもう筆舌にし難いものがあるわけです。

山代温泉 瑠璃光:楽天トラベルより引用

大浴場ではやっぱり周りの目を気にしたりして、気持ちよく入れなかったりということも多々ありますよね?

しかし!部屋に露天風呂がついていれば人や時間を気にすることがなく楽しめます!

洗面所も二つあって、家族で来ても安心でしたよ!

食事も最高でした。

実は食事は三段階のうち一番低いグレードでしたが😅とても楽しむことができました!

夕食時のメイン料理を、魚四種類肉四種類の計八種類から選ぶことができ、面白かったです。こういうの朝食ではよくありますけどね。

これまた量が多くてとても美味しいんです!サービスがよくて困っちゃいますね笑お腹パンパンです。

そして流石です。やっぱり北陸の魚介は美味しいですね!美味しすぎてメインは魚料理してしまいましたから笑🐟

そして、夜9時からは宿泊者向けの太鼓のパフォーマンスがありました。

これは9時ギリギリに会場に到着してしまうと、遠くから見ることになってしまうので、近くで!大迫力で楽しむなら早めの方がいいです!

終わりになりますが、瑠璃光さんのお陰で最高の結婚記念日を過ごすことが出来ました!

スタッフの皆さん本当にありがとうございました!

皆さんも是非北陸旅行の際には泊まってみてくださいね!

特に!ラウンジ利用のできる露天風呂付き客室がおすすめです〜

関連記事

  1. のとじ荘 温泉ブログ

  2. 和倉温泉の多田屋さんへ初訪問*宿泊ブログ

  3. 山代温泉 古総湯 混浴?実際に入湯してきた!駐車場や料金情報も。

  4. 能登半島・和倉温泉 観光&グルメ&旅館、宿守屋寿苑の宿泊ブログ

  5. 山代温泉 総湯 古総湯 違い・・?両方の温泉に浸かってきたよ!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。